THE COACH を体験したひと

19

春の山道に咲くすみれのように。

今日はTHE COACHの応用Aコース1日目でした。 基礎コースとはまた違った脳の使い方をする時間で、とっても新鮮でした。 岡ちゃんの思考の深さや、たにさんの感性の豊かさにリードしてもらって、私も非日常空間へと浸ることができました。 右脳を使うビジョン探究ワークを体験した後、こーさんと「ビジョン構文」を作成するというペアセッションをしました。 ワークとセッションを通し、私の無意識の中にある光のかけらを集めることができました。 個人的に、今のホヤホヤの感覚をテキストで残し

スキ
20

コーチングを学んで気付いた。これまで人の話、全然聞いてなかったこと

ここ数年「コーチング」にずっと興味があった。 ぼんやりしているからか、これまでの人生で人から相談される機会が多かったように思う。しかし、毎回その会が終わってから 「これでよかったのか」 「ただ自分の意見を相手に押し付けただけじゃないのか」 いつもモヤモヤした気分が残った。 相談を受けた振りして、自分が気持ちよくしゃべっただけじゃないのか。 だったらダサい、すごくダサい。 そういうわけで「コーチング」を学んで、正しい相談の乗り方や、人の話の聞き方が知りたかった。

スキ
49

【インテグレーションジャーニー】第三章 舟出。

指先に任せて書く。 書くことは、考えること。 何を書きたいのかは迷子になっているのだけれど、書きたいという気持ちはくすぶっていて。どうやら「記事をつくっていくぞ」と意気込んで、自分の行動に枷をかけていたらしい。 書くための作法は、目的に委ねられる。 ここ最近、インプット/アウトプット過多の状況になっていて、「考える」という時間がとれなくなっていることを実感する。 僕が自分に向き合っている時間はアウトプットしている時間でもあるのだけれど、リアルタイムでどんどん流れてい

スキ
16