マガジンのカバー画像

THE COACH を体験したひと

35
THE COACHのサービスをご紹介いただいたnoteをピックアップしています。ご紹介いただき、ありがとうございます。
運営しているクリエイター

2021年12月の記事一覧

noteが上手く書けないから、セルフコーチングしてみた

コーチングスクールでの学びを言語化したいけれど、上手く言葉が出てこない…。そんな時、脳内コーチと一人二役でセルフコーチングをしてみよう!と思い試してみたら、「学びの振り返り」と「今思っていること」が、どんどん湧いて出てきたので、そのままnoteにしたいと思います。 はじめまして。ぱち子と申します。 普段はWebエンジニア / UIデザイナーとして働いています。 今年の6月からTHE COACH Academyでコーチングの勉強を始め、12月に応用Bコースを終えました。 こ

スキ
14

2021年の心の風景を振り返る

年末が近づいてきて、だいぶ冬眠状態に近いまなみです。 目が冴えた状態で2022年を迎えられるように、2021年を振り返りたいと思います。 2021年は本当に色々なことがありました。 新しく始めたことでいうと、コーチングですね! コーチングを通して自分にどんなリソースがあるのかな〜と考えていたときに、私は絵は描けないけど、地図子として風景の写真を撮るのは好きだなと思いつきました。 そういうわけで、2021年の私の心に刻まれた10の風景を振り返りとしてご紹介していきたいと思いま

スキ
3

21年の振り返り、22年に贈るワード

2021年の振り返りできました😌 今年はコーチングを習っているTHE COACH Academyさんの振り返りワークを使ってやってみました↓ 実は振り返りみたいなのがすごい苦手で。 というのも、終わったことはすぐに忘れてしまうし、メモを残すこと自体忘れてしまうタイプなので、1年を振り返ると言っても全然思い出せなくて。いつも覚えてないからもういっか…って感じで翌年を迎えてました。 けど、今年は自分にとっても変化の大きかった1年やったんで、このワークシート使って1時間ほどみっ

スキ
34

2021年コーチング元年に思うこと

はじめまして。かおと申します。 はじめてのnote投稿。ノムラさんが企画された、「コーチングについて語るアドベントカレンダー」に参加させていただきました。 こういった機会がないとなかなか投稿できない…というわたしの背中を押してくれたステキな企画です。ノムノムさん、ありがとうございます! 年の瀬ということで、2021年を振り返りたいなと思います。毎年多かれ少なかれ何か起きるものですが、今年はコーチングとの出会いで、自分の内面に向かい合い、じわじわと変化した年だったと思います。

スキ
16

一人で頑張りがちだった私がコーチングで価値観の違いを認められた時、孤独感が消えて新たに生まれたもの。

こんにちは、THE COACH Academyでのプロコースが始まってウキウキ気分のゆっきです。 (最近、THE COACH Journeyのインタビューでもコーチングの学びについてお話させていただきました!) 私がコーチングを学んで良かったと思ったことを書こうとPCを開いたのですが、自分のnoteを読み返してみたら今回書きたかったことがすでに書かれていました。 これは私がTHE COACH Academyの基礎コースを修了した直後に書き綴ったnoteからの引用です。

スキ
17

何度も思い出したい満ち足りた日のこと

先日甥っ子が生まれました。生後2週間の彼に会いに行った日、その場にいた大人全員がその存在に釘付けになって、変わるがわる(おそるおそるとも言う)近寄って微笑んでいる様子を見て「人間は、生まれつき満ち足りている」という言葉を思い出しました。 人間は、生まれつき満ち足りている お世話になっている THE COACH Academy でコーチングマインドのお話が出てきた時、一番最初に共有された言葉。私自身すごく好きな言葉です。 生まれたばかりの赤ちゃんに「もっとこうだったらいい

スキ
11

コーチ1年目の教科書「守」編

こんにちは。そちゃんと申します。 出張撮影ラブグラフという会社で働きながら、自身のコーチングサービスを立ち上げ、THECOACH Meetや他プラットフォームの登録コーチとして活動しています。THECOACH Academyプロコースを卒業後に認定CACP取得、1年間の総セッション時間は無償有償合わせて350時間にのぼります。 今日は、本業がありながらもプロコーチとしてクライアントの人生に燃えるように伴奏してきた1年間を振り返り、コーチとして駆け出した時にあったら良かった

スキ
53

THE COACH 応用Aコース受講による変化

だいぶ時間が経ってしまいましたが…忘れないうちに!!備忘録として。 2021/10末から計5回、平日夜19~22時のTHE COACH Academy応用Aコース受講が終わりましたので、受講による変化を記録しておきます。 受講だけでなく、コーチングを受けたり、コーチング仲間との本音の対話を通して、コーチングの可能性に広がりを感じた事と、自分がやりたいことの解像度が上がり、モチベーションが上がり、実際に行動に起こすことができました。 妊娠、流産を経験する期間でもあって、精神的

スキ
8

勢いではじめた「裸眼の会」

カミナシのななみち(@nana3chi)です。 コーチングを学び始めてコーチング漬けの日々を過ごす中、社内で簡単なワークショップを実施させてもらっています。 今回は、デザインチームのオフサイトミーティングの導入コンテンツについてご紹介します。 裸眼の会とは私個人が勝手に作った簡易的な傾聴ワークショップです! コーチングやカウンセリングにおけるコミュニケーションの技法である「傾聴」は、ビジネスやスポーツなど様々な分野でも広まっておりご存知の方も多いと思います。 傾聴につい

スキ
31

コーチングがもたらしてくれた変化の話

「いい答えを持つより、いい問いを持つ方が大事だ」 同業の先輩に、こんな言葉をかけてもらったことがあります。コーチングの世界に触れて、やっと少しずつその意味がわかってきたような気がしました。 --- 普段の自分を取り巻く環境。たくさんの人がいます。言葉があります。その根源には思いがあります。私は、それらの交差の連続が、今見えている世界観をかたどっているのだと思っています。 それは本来はとても豊かなものなのに、それでも時々摩擦のようなものを残すことがあります。それが心に植

スキ
17

働くことのパーパス

ビジネスの文脈で、「パーパス」という言葉が語られるようになりました。利益より意義がますます重視される中、「どんな社会を生み出したいか」というスタンスを記述した企業の存在意義のようなものです。僕も一労働者として、自分が働くことのパーパスを言葉にしたいと思っていたのですが、THE COACHのクラスの中で気づきがあり、こちらのnoteにまとめてみようと思いました。少し長くなりますが、ぜひ読んでいただけると嬉しいです。 なぜ働くのか 僕はコーチングや言語教育の仕事が好きです。人

スキ
18

曖昧さから生まれるもの

私は好きな季節を聞かれると、変わり目が好きですと答える。 冬から春になる期待感、春から夏になる空気の匂い、 夏と秋が重なる空の色、秋から冬になる時の白い息。 明確に「これだ」と言えることはなんて清々しいんだろう。 言い切れる強さを持つ人。その覚悟を持った人の横顔は美しい。 だけどなぜか、私が惹かれるのは、季節の変わり目のように その間にある曖昧なものだった。 このnoteは、THE COACH academyの中で生まれた企画「コーチングについて語るアドベントカレンダー

スキ
20

コーチングに出会って未知の自分を知ったというお話

こんにちは。ベンチャー企業で開発マネージャーをやりながら、プロコーチとしても活動しているノムラ(@nomusn2017)と申します。 今年コーチングを学び、また継続的にコーチングを受けることで、自分自身が大きく変わりました。そんなお話を書いていこうと思います。 コーチングについて詳細を知りたい方は、ぜひこばかなさんのnoteをお読みください。 コーチングを学んでみて今年の2月からTHE COACH Academyでコーチングを学び始め、10月頭にプロコースまで修了しまし

スキ
20