見出し画像

THE COACH講師陣が選ぶ おすすめコーチング本10選【初級編】

「コーチング」という言葉の認知度が高まってきた近年、コーチングに関する書籍が数多く出版され、誰もが手軽にコーチングについての学びを得られるようになってきました。

その一方で、「たくさん種類があってどの本を参考にすればわからない!」「今のわたしのレベルにあった本はどれ?」という声を聞くことも。

そこで今回はTHE COACH講師陣が、コーチングの学びを始めたい・深めたいと考えている人におすすめの本をPick Up。初回の本記事は【初級編】と題し、THE COACHでお伝えしているコーチングマインドとごく近いものから、ちょっと流派の違うものまで、幅広い10冊を選びました!

1. ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す

「ビジネスは歴史的使命を終えているのではないか?」という問いに始まる1冊。資本主義の歴史について分析し、新しい時代を作るため、人間が人間らしく生きていくために、どのように資本主義をハックしていくべきかに迫ります。

推薦者:こばかな
日本では1990年代に行動コーチングが流行し始め、近年ではライフコーチングが流行するなど、時代背景に合わせて注目されやすいコーチングの種類は変化しています。本書からは、時代の流れの中でのコーチングの流行と、なぜそのときにその手法が多く取り扱われていたかなどがわかります。

2. キレる私をやめたい ~夫をグーで殴る妻をやめるまで~

『母がしんどい』の筆者・田房永子が、自身の「キレる」行為について描いた本書。ついカッとなってしまう、物を破壊してしまう、パートナーや子どもをたたいてしまう……。そんな「キレ」を繰り返していた筆者が、穏やかな生活を手に入れるまでのプロセスです。

推薦者:こばかな
カウンセリングやセラピー(ゲシュタルト療法)の領域の本ですが、コーチングでも論理的思考では解決できないことを扱うので、通ずる部分がたくさんあります。話の中でなぜ「状況」ではなく人の「心」に好奇心を向ける必要があるのか、その理由がわかりやすく説明されています。

3. 「生きるスキル」に役立つ脳科学 生残り仕様から共存・現代仕様へ

神経科学/脳科学者・薬学博士、元ICF国際コーチ連盟認定プロコーチ、日本NLP協会認定NLPプロコーチ、米国CTI認定プロコーチ、などの肩書きを持つ駒野宏人氏によって書かれています。脳科学・生物学・心理学といった多様な観点から人間が無意識にとる行動について迫ります。

推薦者:岡田 裕介
意識や行動変容が生まれる良質なセッションの場には、必ず、コーチとクライアント間に安心安全な関係性・パートナーシップが育まれています。本書には、脳科学・生物学等の観点から、人が安心していくメカニズムについても解説されており、オススメです。

4. 新 コーチングが人を活かす

コーチングの最良の入門書と言われてきた「コーチングが人を活かす」の改訂版。日本にコーチングを導入したことで有名な株式会社コーチ・エィの代表・鈴木義幸が執筆しています。62の項目(SKILL)と7つの章(LESSON)からなり、コーチングにおける基本的な考え方、日常生活に使えるコーチングスキルなど、コーチングについてのイロハが幅広く紹介されています。

推薦者:松浦 瞳
コーチングとは何か?コーチングで何をしているのか?をわかりやすく絵や図解を用いながら解説してくれています。読みやすい本なので、コーチングについて学び始める方向けの入門書としておススメの1冊です。1on1のコーチングについてもですが、チーム・組織へのアプローチも最後に少し触れてくれています。

5. コーチングのすべて

ICC(国際コーチング連盟)創設者であるジョセフ・オコナーらによって書かれた本書。NLP、ポジティブ心理学、行動コーチングなどのアプローチに加え、コーチングの歴史・モデル・効果などの多様な項目に触れ、コーチングの本質を捉えます。『コーチングとは何?』の問いに対する答えが凝縮されたといえる1冊です。

推薦者:岡田 裕介
コーチングのさまざまな流派や歴史をわかりやすくまとめてくれています。海外からみる流派の比較検討が参考になります。

6. 場から未来を描き出す—対話を育む「スクライビング」5つの実践

スクライビングとは、「人々が話をしている間に、リアルタイムに絵や言葉を使ってその話を見える化する手法」(本文より引用)のこと。発話者の言葉、場の雰囲気、そこにいるメンバーが抱いている感情などの「言葉にならないもの」を視覚化し、気づきを生み出すための手法を紹介しています。

推薦者:松下 琴乃
コーチングでは人の可能性に焦点を当てていく関わりをします。その、可能性とは一体なんなのか?というテーマを体感しながら読んでいける楽しい本です。コーチとしての在り方のヒントになるところも多いです!

7. 図解入門ビジネス 最新コーチングの手法と実践がよーくわかる本

部下の能力を引き出すコーチングをわかりやすく解説している入門書。組織のメンバーのみならず、自分自身をモチベートする方法、コミュニケーション力を高めるためのさまざまなメソッドを学ぶことができます。

推薦者:もえはし
「コーチングって最近よく耳にするけどどんなコミュニケーションなんだろう?」「どうやったらコーチングをできるようになるのだろう?」そんな疑問に答えてくれる入門書です。本書は図解が多くとてもわかりやすいため、コーチングについて0から学びたいという方にオススメの1冊です。

8. 人の話を「聴く」技術

学校でも家庭でも、教わる機会のない「聴く」方法。本書では、心をケアする対話のプロ・精神対話士の技術の技術に着目し、日常生活の中ではあまり触れることのない「聴く技術」について62のコツを紹介しています。

推薦者:松浦 瞳
コーチングの3大スキルの1つとしても知られる「傾聴力」について学ぶことでができる1冊です。「聴く」ことは、簡単なようで、とても奥深い。1on1のコーチングの場だけではなく、日常生活やビジネスシーンで活かしたい方におすすめです。

9. 組織も人も変わることができる! なぜ部下とうまくいかないのか 「自他変革」の発達心理学

発達心理学の理論を学んだ著者が、部下とのコミュニケーション方法や育成法について説く本。部下のことで悩んでいる中間管理職と、人コンサルタントの対話形式によって進んでいくストーリーで、よみやすく・わかりやすくまとめられた1冊です。

推薦者:谷内 真裕
コーチングを学びたいと思ったリーダーやマネージャーの方へ。あなたの話が通じない理由を発達心理学の観点から理解できるかも。発達段階の感覚を掴んでコーチングしたいコーチにもオススメです。

10. ザ・メンタルモデル 痛みの分離から統合へ向かう人の進化のテクノロジー

この本のいう「メンタルモデル」とは、誰もが無自覚に持っている「自分は / 世界はこういうものだ」という思い込みのこと。メンタルモデルを発見していく実際のセッションの様子を描いた第1部と、著者である由佐氏・天外氏のライフ・タペストリーを交えながら理解を深める第2部からなる本です。

推薦者:岡田 裕介
クライアントがこれまでの人生を通じて抱えてきた根底の信念・ものの見方について気づいていくことは、コーチングの場を良質なものにします。メンタルモデルはコーチング初学者として他者に扱うには難しいですが、コーチ自身のメンタルモデルもセッションに影響するため、まずは自覚することが大切です。ご自身の理解を深めていくためにご参照ください。

推薦者一覧(THE COACH Academy講師)

画像1

こばかな
THE COACH代表、国際コーチング連盟認定コーチ。デザイナーとして株式会社DeNAに入社後、株式会社THE GUILD、フリーランスを経て株式会社THE COACHを創業。キャリアとエグゼクティブを中心にコーチングの実績400人以上。Twitterやnoteでコーチングについて発信しており、SNS合計フォロワー数6万人以上(2021年5月時点)。

画像2

岡田 裕介
THE COACH 取締役。株式会社パーソルキャリアに入社。転職支援・採用コンサルティングに従事。その後、オルタナティブスクールを運営する教育系のソーシャルベンチャーを共同創業・副代表理事に就任。独立後は、認定プロフェッショナルコーチとして、スタートアップ企業の経営者・CxO・マネジメントクラスを中心にコーチングを提供。国際コーチング連盟認定コーチ(PCC)。

画像3

松浦 瞳
THE COACH Academy講師。外資メーカーに入社後、コンサルタントに転身。東京・シンガポール両オフィスに所属するコンサルタントとして、マーケティング・ブランド戦略の立案などに従事。その後、日系メーカーの経営戦略部を経て独立。独立後は、戦略コンサルタント兼、ライフコーチとして活動。2021年1月よりTHE COACHに参画。

画像4

松下 琴乃
THE COACH Academy講師。外資系金融機関にてCS推進やマーケティングに従事。その後、ロンドンでアートマーケットを学んだ後、現代アートのコンサルティングとデザイン業で独立。2017年よりコーチとしての活動を開始。現在はU理論や成人発達理論をベースとしたコーチングやファシリテーションで個人と組織の変容・変革をサポートしている。

画像5

谷内 真裕
THE COACH Academy講師。エンジニアとして研究開発・SIer・受託開発・自社開発を経験し、Sansan株式会社に入社。エンジニアリングマネージャーとして開発チーム立ち上げ・メンバー育成・組織的課題の解決に向き合うなかでコーチングに出会う。その後エンジニアリング組織のマネージャー・社内コーチとして職種・部署・役職を問わず1on1・コーチング・ワークショップを行う。2021年7月よりTHE COACHに参画。

画像6

もえはし
THE COACH Academy講師、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM)研究員。広告代理店に入社後、プロジェクトマネージャーとしてメディア領域のマーケティングやコミュニケーション戦略の立案などに従事。現在は国立の研究所で働きながら、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM)研究員としてコーチングやリフレーミングについて研究を行っている。

中級編のリリースは2021年8月を予定しています。THE COACH 公式Twitterでもお知らせいたしますので、こちらのフォローもよろしくお願いいたします。

THE COACH Academyでは、体系的にコーチングを学べる4つのコースを開講しています。ご興味のある方は、ぜひ下記リンクからオンライン説明会にご参加ください。


この記事が参加している募集

推薦図書

更新情報はTwitterでお知らせしています

「コーチングマインドを社会に浸透させる」をミッションに、コーチングプラットフォーム「THE COACH」、プロレベルを目指せるコーチングスクール「THE COACH Academy」の運営を行っています。 https://thecoach.jp/