「コーチングを試したくてたまらなくなった」THE COACH Academy受講生・向井俊介さんインタビュー
見出し画像

「コーチングを試したくてたまらなくなった」THE COACH Academy受講生・向井俊介さんインタビュー

こんにちは、THE COACHです。

現在わたしたちは、「THE COACH Academy」というプロレベルを目指せるオンラインのコーチングスクールを運営しています。

「ビジネスシーンやプライベートでコーチングを活かしたい」「コーチング自体を仕事にしたい」というように、さまざまな目的を持った方が受講されています。

今回は受講していただいた方の声として、「THE COACH Academy」0期生である、Well Direction, Inc. CEO 向井俊介さんにインタビューをしました。

【向井俊介(むかい しゅんすけ)さん】

画像1

世界最大の企業データ企業「Dun & Bradstreet」、ITリサーチ・コンサルティング企業「Gartner」、モバイル市場データ企業「App Annie」日本法人代表取締役という外資系企業3社を経験。その後独立し、BtoBセールス&マーケティングのアドバイザリーサービス「Well Direction, Inc.」CEOを務める。

知人からの評判を聞いたことがきっかけで

画像2

——向井さんがコーチングと接点を持ったのは、THE COACH Academyが初めてですか?

いえ、前職で代表取締役をしていたときに、エグゼクティブコーチングという経営者向けのコーチングを受けていました。

——クライアント側の経験があったんですね。

はい。ただその時は自分に合わない感じがしていて、途中で契約解除をしてしまったんです。このことがきっかけでコーチングにネガティブな印象を持っていましたね。

——ネガティブな印象があったにも関わらず、受講をしようと思ったのはどうしてでしょうか?

信頼している知人の紹介です。彼がTHE COACHの代表であるこばかなさんのコーチングを受けていて、その方にすすめられました。信頼する人の推薦なら大丈夫だろう、と思って今回受講しました。

——特に印象に残った講座内容はありますか?

印象に残ったのは「パートナーシップ」のお話でしょうか。

コーチとクライアントの信頼関係が前提にないと、安心してコーチングを進められないということが知れてよかったと思います。

僕が以前に受けていたコーチングは、この「パートナーシップ」があまり構築されずにセッションを進められていたから、うまくいかなかったんだと気づけました。

——それまで感じていたコーチングの違和感に気づけたようでよかったです!

はい。コーチングに対する印象は、180度ポジティブに変化したと思います。

僕は経営者向けのアドバイザーという仕事をしていて、そこに活かすことが今回「THE COACH Academy」で学ぶ目的でしたが、受講後にはコーチングそのものを試したくてたまらなくなったんです。

——最初の印象からずいぶん変わっていますね。実践はどのようにされているのでしょうか?

練習相手になっていただける方をSNSで探したところ、たくさんの方から「興味ある!」と反応があり、コーチングをさせていただきました。おかげさまで反響も大きく、8割の方がリピーターになってくれたんです。

——すごいですね!

コーチングを媒介にした新しいつながり

画像3

——講師陣の印象はいかがでしたか?

僕の今までのビジネス領域では出会うことがなかった、不思議な雰囲気の人たちでしたね。

オンラインでのビデオ通話でしたが、安心して寄り掛かれる場を作ってくれました。難しい言葉を使わず、しかし端的かつ確かな情報密度で伝えてくれるため、彼女たちの言葉がスッと頭に入ってきました。

——ほかの受講生とも講座の中で交流が盛んに行われたと思うのですが、コーチングを通じて新たな出会いも増えたのではないでしょうか。

そうですね。今回一緒に受講した一部のメンバーとは、その後もお互いに練習しあっています。

授業で学んだことが詰まった共通言語を用いて会話ができるので、コミュニケーションがスムーズに進んでいくのがいいですね。

——講座の延長としてつながりが続いているんですね。

ビジネス上の関係と違ってコーチング上では利害関係がなく、フラットに付き合えるんですよね。SNSで呼び掛けた練習相手の方や、ともに受講したメンバーなど、コーチングが生み出してくれた人間関係は心地良いと感じています。

アドバイザーという仕事の+αとしてのコーチング

画像4

——B to Bセールスに関するアドバイザーとして起業されたとのことでしたが、今回学んだことはご自身のビジネスで活かせそうでしょうか?

僕の仕事とは相性がいいと思います。もともと自分はセールスに関する知識をアドバイスし、答えを提供する役割でした。

しかし経営者の方からも経営に関する「壁打ち」をしたいという要望が増えてきいて、単純に「アドバイスをする」だけが仕事ではなくなってきたんです。

——向井さんが持っている知識の提供だけではないのですね。

はい。まだ明確な答えが出せないから、壁打ちが必要なわけで……

アドバイスだけではない、新しい立ち回りを模索する必要があると感じていました。そういう点では、コーチングにおける「相手の中に答えがある」というスタンスはすぐにでも取り入れられそうです。

少なくとも社会人全員が身につけた方がいいスキル

画像5

——最後に、「THE COACH Academy」はどんな方へおすすめできそうでしょうか?

社会に出ている人、あるいはこれから社会に出る人は、例外なくコーチングを学んだ方がいいと思います。

今回SNSで「コーチングを受けてみませんか?」と声をかけてみたら、「実は興味があった」という人が多くて、潜在的にコーチングに関心を寄せている人は意外と多いのではないでしょうか。

受講の初日では「コーチングってこういうことか!」という体験が得られました。この楽しい体験と「コーチングを試したい!」という湧き上がる意欲を、なんとなくコーチングに興味を持っている人たちにも体感してほしいです。

——お話しいただきありがとうございました!

✳︎

「THE COACH Academy」では、はじめて受講される方に向けた無料説明会を実施しております。ご興味を持っていただけましたら、まずは無料のオンライン説明会へお申し込みください!

画像6

編集協力:TELLING

更新情報はTwitterでお知らせしています

「コーチングマインドを社会に浸透させる」をミッションに、コーチングプラットフォーム「THE COACH」、プロレベルを目指せるコーチングスクール「THE COACH Academy」の運営を行っています。 https://thecoach.jp/