【THE COACH Academy 講師紹介】樋口 咲恵
見出し画像

【THE COACH Academy 講師紹介】樋口 咲恵

こんにちは、THE COACHです。THE COACH Academyでは、すべてのコースで現役のプロコーチが講師となり授業を行っています。

【THE COACH Academy 講師紹介】シリーズでは、授業を担当する講師陣の自己紹介をお届け。第5回となる今回は、THE COACH Academyで講師を務める樋口 咲恵(ひぐち さきえ)さんのこれまでの歩みとTHE COACH参画のキッカケ、講師として大切にしていることをお伝えします。

画像5

樋口 咲恵(ひぐち さきえ)
工学系大学院を卒業後、メーカーにて設計開発業務に従事。開発現場に感じた課題を解決すべくコンサルタントに転身し、業務改革コンサルティングを提供。その後、人の可能性を育む方法を模索する中でコーチングに出会い、2018年よりコーチとしての活動を開始。国際コーチング連盟認定コーチ(PCC)。

これまでの歩み

何かが違うと感じていた会社員時代

画像1

大学・大学院では、構造エネルギー工学を専攻。鉄筋コンクリートに魅了され、コンクリートに囲まれて研究に打ち込む日々を過ごしていました。

卒業後は大手精密機器メーカーに機械設計者として就職し、その後コンサルティングの仕事にも従事。たくさんの人と関わることができ、仕事そのものは好きでした。しかしそのころから、「何かが違う気がする、けどどうしたらいいのかわからない」と感じることが多くなっていきました。学生時代の研究のように、やらずにはいられないような、夢中になれるものを探す日々を送っていました。

コーチングで初めて「自分の内側の声を聞く」

コンサルタントとして働いていたころは、組織の風土醸成や仕組み化の推進、人材育成などに力を入れていました。組織としての機能は整っていっているはずなのに、目の前の担当者はどんどん疲弊していく——気づけばそんな状態に陥っていました。

目の前の人が、幸せになっていない。そんな現実を目の当たりにするうちに自然と、視点が組織から個人に視点が移るようになりました。そして、そのタイミングで友人からコーチングを紹介してもらい、「自分の内側の声を聞く」体験をしました。

自分の”無意識”の中にある言葉を拾ってもらい、気づいたら涙を流していたことを覚えています。それまでのわたしは「理想のコンサルタントになるにはどうすべきか」をひたすらに模索していました。しかし、当時のわたしに必要だったのは「自分の内側の声を聞くこと」だったのです。

等身大の自分で生きるために退職

画像2

コーチングを受けていくうちにコーチングの面白さにハマり、スクールに通い始めました。基礎・応用コースを修了した後は、仕事の都合もあり先のコースの受講は一旦ストップ。私の中には、自分の内側の声を聞く感動的な体験と、自分はまだまだコーチとして未熟だという認識が残っていました。

その後、コンサルティング業務を継続し、プライベートでは出産も経験。しばらく期間が空いた後にタイミングよく上級コースに通えるようになり、そこでさらに強烈なクライアント体験をすることになります。

上級コースに通う中で、コーチとして、自分として、どう生きるかを問うことが多くなり、次第に今の仕事とのミスマッチが浮き彫りになってきました。

「好きな部分もあるけど、無理して頑張っている場面もある。もうそろそろいいんじゃない?」上級コースに行くと、コーチとしてだけでなくクライアントとしてのセッション回数も多くなり、自分の内側からどんどん声が聞こえ、無視できなくなっていきました。

大学に入るために頑張る。あの会社に就職するために頑張る。何かを獲得するために頑張ってきた人生でしたが、今は何を目標にすればいいんだろう。ぐるぐる考えて2年くらい経った末に、「”次はここに行きたい” がなくてもいいじゃん」と思えるようになりました。そこで退職を決断。

コーチングをやるぞ、と意気込んで退職したわけではありませんでしたが、会社員時代から続けていたコーチの活動を、等身大の私として続けることができました。

THE COACH 参画のきっかけ

THE COACHを知ったのは、コーチングをともに学んでいた仲間の岡部友理子さんがTHE COACHにジョインしたと聞いたタイミングでした。

しばらくしてから、THE COACHが新たな仲間を募集しているという情報を見つけました。「岡部さんやTHE COACHの人たちの仲間になれたらいいな、なりたいかも」。そんな思いが湧き上がり、応募をしてこばかなちゃんと岡田さんと話をしたのが参画のきっかけとなりました。「なんかわからないけど、仲間になりたい」。自分の直感を信じてメッセージを送ってみて、本当に良かったと思っています。

講師として大切にしていること

画像3

いまここ、現在地で思いっきり生きていたい、と考えながら講師やコーチングを行っています。

受講生にもさまざまな状況の方がいらっしゃって、たとえば仕事がつらい、人間関係がうまくいかない、とつらい状況の方もいるかもしれません。ですが、今いる場所は、人生で通過する必要があるからこそたどり着いた場所だと思います。

「あなたのこれまでの人生はそれで良かった」「今もあなたはここにいて大丈夫、なぜならあなたの人生はそこにたどり着く必要があったから」「これまでの人生の道のりをたどってきたあなただからこそ、生きていける人生がある」、そんな考えは、自分自身でも大切にしていますし、受講生やクライアントの皆さんにも積極的に伝えています。

受講生へのメッセージ

画像4

THE COACH Academyではコーチングに関することを学べますが、ただスキルを習得するだけでなく、コースを通じて自分の人生の素晴らしさに気づいたり、改めてその素晴らしさを実感したりしていただきたいと思っています。

私自身、コーチングと向き合うことで、自分だけでは自分のことは全然わからない、と実感しました。誰かとの対話によって自分のことを理解し、対話によって自己の器は育まれると思ってます。みなさんと一緒にお話しできる日を、楽しみに待っています。

一緒に働く講師からの他己紹介

名称未設定のデザイン (4)

本橋 竜太 さんから 樋口 咲恵さんへ
目の前の人に深く温かい愛を持ち、どこまでも等身大で内側に広がる言葉と世界を丁寧に届けているさきえる。さきえる自身が「心の声」に耳を傾ける大切さを知っているからこそ、「それがあなた」だと信じ切るスタンスがいつも魅力的だなと感じます。全体を優しく包み込むリソースに溢れたさきえると、これからもTHE COACHを耕していけることが幸せです。いつもありがとう!

講師紹介記事は今後も続けて更新していく予定です。更新のお知らせはTwitterで行っておりますので、ぜひフォローをお願いいたします。

樋口さん、本橋さんが講師を務めるTHE COACH Academyでは、体系的にコーチングを学べる4つのコースを開講しています。ご興味のあるかたは、ぜひ下記リンクからオンライン説明会にご参加ください。



この記事が参加している募集

自己紹介

更新情報はTwitterでお知らせしています

「コーチングマインドを社会に広げる」をミッションに、プロレベルを目指せるコーチングスクール「THE COACH Academy」と、共に歩むコーチと出会えるコーチングサービス「THE COACH Meet」の運営を行っています。 https://thecoach.jp/